雨漏り調査や修理に対応している保険の種類

調査や修理費用がお得になる~雨漏り時に役立つ保険~

雨漏り修理の対応している保険の種類を知る

バケツ

保険にはさまざまな種類があるものです。雨漏りの修理に対応している保険がどのようなものなのかご紹介します。

保険の種類

住宅瑕疵担保責任保険・供託
住宅瑕疵担保責任保険・供託は、新築から10年未満という条件の住宅に瑕疵があった場合、修理にかかった雨漏り調査などの費用を、直接雨漏り修理を行った業者に支払ってくれるという保険になります。この保険では雨漏り自体をしっかりと保証しているので、新築から10年未満であれば、自己負担ゼロで雨漏りの修理が可能です。これは国土交通大臣が定めた住宅瑕疵担保責任保険法人によって取り扱いがされている保険なので、非常に信用度も高いです。
火災保険
火災保険と聞くと、火災の時の補償をしてくれるというイメージが強いかもしれません。しかし最近では、この火災保険にも変化があり、火災だけではなく風災や雪災、ヒョウ災などの被害に遭った場合にも補償してもらうことができるようになりました。そのため、風や雪、ヒョウなどの被害によって雨漏りが引き起こされてしまった場合は、その雨漏りも補償の対象となります。新築から10年以上経過している場合には、こちらの保険で補償してもらいましょう。

火災保険を適用する判断は第三者機関で行なう

火災保険などで雨漏りの補償をしてもらう場合、100%経年劣化ですと補償の対象外になります。そのため、補償の範囲となっているのか状況を判断する必要がありますが、その判断をするのは保険会社の人ではなく、第三者機関になります。補償の対象になるか否かというのは日本損害保険協会の鑑定人資格を持っている鑑定人によっての判断となります。経年劣化だと思っていても、実は違う原因があるという場合も少なくありません。雨漏りがあった際には、専門の方にしっかりと判断をしてもらうことで、保険の適応が可能になることも覚えておきましょう。

TOPボタン
保険の適用|火災保険の適用で費用負担減!雨漏り調査と修理の基本